更新:2018年01月10日/ろあんぬ(投資)

ロモコインゲットだぜ!「LoMoStar」の使い方(iOS)

こんにちは、ろあんぬです。
ツイッターでLMC(ロモコイン)がゲットできる「LoMoStar」のアプリの話題を見かけたので、早速インストールしてみました。

ダウンロード

↓ダウンロードは下記から辿ってください。iOSとアンドロイド版、それぞれ分かれています。

私はiPhoneユーザーなので、アンドロイドについてはわかりません。

iOSの場合、「iOS download」をクリック→緑の「Download」ボタンをクリック の2ステップでアプリのダウンロードが開始されます。

そんなに時間かからずダウンロード自体は行えますが、いざアプリを立ち上げようとしたら「信頼されていないエンタープライズデベロッパ」なるアラートが出て先に進めなくなりました。

AppStoreで入手したものじゃないアプリなので、端末側で信頼してあげないといけないみたいです。

iPhoneの「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」に進むと「エンタープライズAPP」という項目があるので、「Beijing Nation Sky Network Technology Co., Ltd.」のAppを許可してあげてください。

この画面で「LoMoStar」が「検証済み」になればアプリが起動できます。

ちなみに入力した側には得なさそうですけど、招待コードがあるので良ければ使ってください。

 

15FZz0

 

招待コードの欄は空欄登録でも全然大丈夫!

 

どういうゲームなのか

私もまだ始めたばかりでザックリとしか把握できていませんが、基本的なゲームのイメージは「ポケモンGO」が一番伝わりやすいでしょうか。

実際のMAPとリンクしており、「レッド・エンベロープ」というのが落ちている場所を探します。

レッド・エンベロープがどういう条件でいつ発生するのかはわかりませんが、このアイテムをクリックして「レッド・エンベロープを開きます」を押すと、ランダムでいくつかの「LMCコイン」をゲットすることが出来ます。

レッド・エンベロープは最大10名まで開封することが出来るようで、一度クリックするとそのエンベロ-プは自分のMAPからは消えてしまいます。(恐らく、10名が開封済みになるとクリックしてなくても消えるのでしょう)

このゲームはポケモンGOに見かけ似ていますが、ポケモンGOとは異なり、実際にその場所まで近づかなくてもレッド・エンベロープをゲットすることが可能です。

どのくらいの範囲が認識されているのか不明ですが、少なくとも2~3駅離れた場所でもレッド・エンベロープが発生しました。有効範囲が広いポケモンGOですね(笑)

というわけで、家にいても会社にいても、気軽にプレイできる感じになっています。

じゃあレッド・エンベロープ獲得し放題でウハウハなの!?と思われた方には申し訳ありません。

レッド・エンベローブを開封するためには「VIT」という、ライフゲージのようなものを消費します。

最大で10VITまで溜めることができますが、1VIT回復させるのに2時間を要します。

というわけで、一日で開けるレッド・エンベロープの数は結構限られているのです…。

もちろん、VITを回復する手段はありますが、ここからは完全に課金要素だしそもそもあまり今のところメリットがないため、自然回復内でちまちまプレイするのがオススメです。

出金できるの?

一応できるみたいです。LMCコインを出金する形になりますが、ここでも一つ注意して頂きたいことがあり、出金できるのは「1000LMCコイン以上から」となっており、それプラス「手数料0.5%」がかかるようです。

一時期流行ったポイントサイト問題のような匂いを感じなくもないですが、1回のレッド・エンベロープ開封で「1LMC~1.5LMC」貰えることも多いので、現在プレイ2日目ですが「21.35100000 LMC」ほど貯まっています。

私はコツコツ系が割と得意なジャンルなので、気長にマイニングしてる気持ちで続けてみようと思っています~。

(自前のノートPCでマイニングするよりよっぽど現実的w)

アプリの使われ方予測

このアプリ、基本的には「落ちてるお年玉を拾って開けてゲットだぜ!」の感覚なんですが、「落とす側」になることもできます。LMC以外の通貨を落とすことも可能になっていて、金額設定や開封できる人数設定、メッセージや写真を設定できるため、アプリが普及すればですが、「宣伝目的」で利用する人も出てくるのではないでしょうか。

「落とす側」になるためには、ダイヤを3つ消費するので(課金要素。VITを回復するのにも使える。3ダイヤで0.99ドル)、開発側はこの課金で利益を得つつLoMoStarの運営に当てるイメージかなと。

ちなみにドルしか決済手段がなく、試しに押しても無反応だったので、日本だと使えないかも。
ビットコインで買うとか、貯めたLMCコインで買うとか、そういう手段の拡大は欲しいところですね。
LMCコインをせっかく集めてるんだから、それをもっと積極的に使えるような仕組みになれば良いのに。

 

その他、わかったことなどがあれば随時加筆していきます。

現場からは以上です!

関連記事

LoMoStarアップデートのやり方と再ログイン方法

この記事を書いた人

ろあんぬ

サイトの制作担当。主にアビスリウム・WEB制作関連の記事を書いています。最近はデジモンリアライズにハマっているのでそちらの記事もボチボチ。ほぼブログの更新つぶやきになってるけど一応Twitterもやってます。話しかけてもらえたら反応します!(@roanne_mohulog)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

PageTop