更新:2018年01月26日/ろあんぬ(小話)

Google AdSenseの審査が通らない!意外な落とし穴にハマって苦労した話

こんにちは!ろあんぬ です。

せっかくブログを開設したんだから、とりあえずアドセンスなどはやってみたい。

こんなPVもないようなサイトに貼っても雀の涙どころか落ちてる小銭でも探した方が儲かるというのが関の山なのは重々承知していますが、それでも私は貼ってみたいんだ!

まずは申請

上記から申し込みします。広告を設置したいサイトのURLなど、基本情報を入力して送ると審査して貰えます。ここまでは特につまづく要素もなく、指示通りフォームに入力してポチるだけでした。

審査に回した時点で掲載していた記事は8件です。

6件ほどの記事でも通った、という方もいらっしゃったので、まぁ問題は特にないでしょう。

審査結果はだいたい3日ほどでメールに送られてきます。

1回目の返事

(略)

ヒントを参考に、サイトでのユーザーの利便性を高め、AdSense の要件を満たすようにしてください。

  • Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。
  • 自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。
  • サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

落ちたw

返事の内容は、上記のような曖昧な指摘で、どこがどうダメだったのかという細かい修正指示は貰えません。

とりあえず私はググって解決することにしました。

どうやらプライバシーポリシーページが必要らしいぞ

AdSense広告を表示するためにクッキー情報などを利用するため、プライバシーポリシーのページを用意していないと審査落ちするという情報に行き当たりました。

作ってなかった。

これが原因かー!と早速用意しました。

文章はフリーテキストを拝借しました。制作内容にお困りの方は、コピーして使ってもらって構いません。(最初の方に出てくるURLだけは、適宜自分のサイトに置き換えしてくださいね!)

プライバシーポリシーはこちら

これでイケるやろー!と早速再審査の要請を出しました。

2回目の返事

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、引き続きお申し込みの審査を行いました。その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。
(以下、1回目の返事とまったく同じ内容)

なんでやねん!

おかしい…。まったく状況が進展しないとは思わなかった。

ここで私は「Google AdSense のプログラム ポリシー」とやらを読んでみることにしました(本来はググるより先に読むべきですね)

そこで、今度は追加で下記の内容を改修しました。

  • Altが抜けてる画像にとりあえず全部Altを設定した。
  • サイトマップが必要らしいので、サイトマップページを増設した。
  • sitemap.xmlを作成した(検索クロールBOT向け)
  • robots.txtを作成した(検索クロールBOT向け)

ここが抜けてるな、という部分を片っ端から修正しました。

もう次は大丈夫でしょ!!

早速、再々審査の申し込みを行いました。

3回目の返事

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、引き続きお申し込みの審査を行いました。その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。
(以下、1回目・2回目の返事とまったく同じ内容)

ダァァーーッ!!(怒)

なんでやねん!まったく進歩がありません。正直、他に何を直せばいいのかまったくわかりませんでした。

もし「クソみたいな記事しかないからうちの広告は載せさせない!」という理由ならもはや詰んでいます。いっそのこと「お前のサイトは無理w」と返事してくれた方が清々しいです。

しかし、なんらかの理由でハネられてるのは間違いないハズなので、とりあえずもう一回細かくググって原因を探ることにしました。

カテゴリーのキワードに反応されてる可能性が発覚

調べていると、似たような悩みを抱えている方がおり、その方は「健康」絡みのサイトを作成しているようでした。

そのワードは最近、Googleがアルゴリズムを変更し、医療関連のサイトなどしか上位に表示しない設定にしているため、広告表示を行うページとして認識させて貰えないのでは?という見解でした。

しかし私の場合、「●●が効く!」とか「●●が●●の原因!!」とかその手の記事はまったく書いておらず、単純にカテゴリ名に悩んで「健康」というワードを用いていただけでしたので、Googleに意図的にハネられるような内容は一切書いてないはずなんだけどなーー…。

しかしもう、これ以外に思い当たるフシがなかったため、思い切ってカテゴリ名を「健康」から「小話」に変更して再度申請してみることにしました。

これでダメなら、諦めよう。

4回目の返事

通った。

私は記事の内容には手を加えず「健康」というカテゴリ名を「小話」に変更しただけですが、審査に通りました。

つまり、記事の内容には関係なく「健康」というカテゴリーが存在しているだけでNGとみなされ、審査に落ちるということになります。

もし、必要なページを作ったり色々直したのに審査に通らなくて途方にくれている方がいましたら、「カテゴリー名を見直す」ことをオススメします。

まとめ

Google AdSenseの審査に通す前にチェックしてください。

  • プライバシーポリシーページは作りましたか?
  • サイトマップページは作りましたか?
  • sitemap.xml、robots.txtなど、クローラーBOTが迷わないためのファイルは設置しましたか?
  • 画像のAltタグ指定、外部リンクのnofollow指定など、細かい設定はしてありますか?
  • 「健康」というカテゴリー名はありませんか?(もしくはそれに準ずる名前も引っかかるかもしれません)

記事の内容が問題なくても、カテゴリ名だけで弾かれるのは正直納得いきませんが、ある程度機械的にチェックをかけていると思うので仕方ない部分なのかもしれません。

ちなみに現在は問題ないようですが、今後「健康」系に続いて「投資」系の記事がフィルタイング対象になってしまうという噂も出ています(私の雑記ブログNGワードばっかりですやんw)

審査に通らなくて困ってる方は上記を試してみてください!

現場からは以上です!

この記事を書いた人

ろあんぬ

サイトの制作担当。主にアビスリウム・WEB制作関連の記事を書いています。最近はデジモンリアライズにハマっているのでそちらの記事もボチボチ。ほぼブログの更新つぶやきになってるけど一応Twitterもやってます。話しかけてもらえたら反応します!(@roanne_mohulog)

スポンサーリンク

関連記事

Comments コメントを書く

  1. […] Google AdSenseの審査が通らない!意外な落とし穴にハマって苦労した話/もふLOG […]

  2. […] Google AdSenseの審査が通らない!意外な落とし穴にハマって苦労した話/もふLOG 【2018年】GOOGLEアドセンス審査に落ちたけど翌日の再審査で通った話/かのえかな 【2018年度】ポリシー違反で […]

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

PageTop