更新:2018年02月23日/ろあんぬ(レビュー)

私のイチオシ少女マンガ「ココロ・ボタン」が好きすぎてツライ

こんにちは!ろあんぬ です。

テスト勉強前にうっかり掃除をし始めて手に取った漫画を読み始めて読了してしまう現象に名前をつけたい委員会の代表である私ですが、ついうっかりまたやってしまいました…。

テクニカルの勉強をしていたはずなのに、なんでこうなってしまうのか?

とりあえずテンションが上がってしまったので、オススメ漫画シリーズで私が推してる漫画たちをちょこちょこ紹介していこうかなと思いました!

ぜひ!読んで!!

ココロ・ボタン(1~12巻・完結)


作者:宇佐美真紀 先生
連載紙:ベツコミ
ジャンル:少女マンガ

<あらすじ>
高校入学の初日に体調を崩してしまって、廊下でうずくまっていたヒロイン「新奈(ニーナ)」を助けてくれた「古閑(こが)くん」。古閑くんに好きになって貰いたい!と告白し、なんとか「お試し」で付き合って貰えることになるが………

画像は私が個人的に大好きなイラストが表紙の8巻を抜粋(´ω`*)
ベツコミで連載していた少女漫画です。同じ時期にやっていて有名だった漫画「僕らがいた。」が連載されていた雑誌で、同時期に連載されていた名作です!!「僕ら」の方は映画化とかもされててかなり有名だったので、知ってる方も多いのではないでしょうか?

実は私も「僕ら」を読むためにベツコミを読み始めたんですが、気付いたら毎回この「ココロ・ボタン」が気になって気になって仕方なくなっていて、最終的には完全にココロ・ボタンを読むためだけにベツコミを読んでいましたね…。

私は基本的に漫画はあまり全巻揃えない方なんですが、この作品は毎回欠かさず買っていましたし、なんなら結婚後唯一実家から持って来た漫画です(笑)

とにかく読んでてキュンキュン出来ます!!ヒロインのニーナちゃんが好きな人のためにすごく必死で努力してて、昔の「恋愛」してた頃の気持ちをふと思い出してしまいます…。眩しいです…。

私はこの漫画を読むと、しばらくの間「旦那を大事にしよう」という気持ちになるので何かあった時は良く読んでいたりしますw

自分は好きな人のためにこんなに一生懸命やってるかなぁ?と、ふと初心に帰ることも可能です。もはや人生のバイブルです。

恋愛漫画にありがちな「嫌なライバル」みたいなキャラがあんまり出てこなくて、メインのキャラクターが全員応援したくなる良い子たちばっかりなので、読んでてドロドロした気分になることがないのも私がこの作品を気に入ってる理由の一つです。

私はメインの二人が最終的に幸せになってハッピーエンド!な展開を好きになる傾向があるので、その二人にちょっかい出してくるライバルキャラみたいなのがあんまり好きになれないんですよ…。もちろんココロ・ボタンにもライバル的ポジのキャラはいるんですが、読んでて全然嫌な気持ちにならない。むしろ応援したい。全員ハッピーエンドになりやがれこの野郎!って感じ!

キュンと出来る漫画をお探しの方、少し癒しが欲しい方、忠犬ハチ公みたいなヒロインに愛されたい方などにオススメの作品ですので、気になった方はぜひ読んでみてくださ~い!

はぁ……土日でもっかい読もう(エンドレス)

この記事を書いた人

ろあんぬ

サイトの制作担当。主にアビスリウム・WEB制作関連の記事を書いています。最近はデジモンリアライズにハマっているのでそちらの記事もボチボチ。ほぼブログの更新つぶやきになってるけど一応Twitterもやってます。話しかけてもらえたら反応します!(@roanne_mohulog)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを書く

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

PageTop